顔面ニキビだらけの肌
 →ニキビゼロ

むくんで陰気くさい顔
 →
スッキリし小顔に

常にだるく重い体
 →朝から夜までエネルギッシュに過ごせる

過去20錠飲んでた薬
 →ゼロ
難病・鬱で寝たきり
 →月商100万


難病指定の潰瘍性大腸炎、鬱、
顔はニキビだらけ。

様々な体と心の不調を抱え
ドン底を経験。


そんな私が【陰陽の法則】と出会い、

顔が変わり、体が変わり
心が満たされ、人生が
変わりました

 

博多美人塾 関東地区認定講師
中塚愛実公式LINE
こちらから3秒で登録♬(※女性限定)

友だち追åŠ

飛べない時はこちらのIDをお友達追加
@vlw1505l ←@マークをお忘れなく

 

 

『私は私で生きていく!』

 

博多美人塾に出会い
私はようやくその決意が
出来たように思います。

 

_____________

あなたの“自分らしさ”って

何ですか?
_____________

 

私は答えられませんでした。

いや、

分からなかったんです…。

 

私は小学生の時
保健室の常連でした。

仮病じゃなくて、本当に
辛いから保健室へ行き
先生にいつも一生懸命伝えてたのは
をおさえて、

『先生、ここが気持ち悪いの。』

でした。

保健室の先生からは

『気持ち悪いっていうのは、
胃の辺りを言うんだよ。首?』

みたいなことを言われ、
私のあの時の感覚は全然
理解はしてもらえてなかったのですが…。

 

 

私は、とにかく素直な人間です。笑
それは私の体と心がよく示してます。

好きなものは好き
嫌いなものは嫌い

性格も男っぽくて
サバサバしてるやつなんです。笑

 

よく、優しそうとか言われるけど
全然そうでもない。笑

優しくて思いやりがあるというよりは、
人間臭くて、熱い奴の方が
私にはしっくりきます。

 

私は『ありのままの私』を

ダメ
悪い
的外れ
間違えている

って捉えてて
ありのままでいたいけど、
ずっといれなかったんです。

 

____________

あなたはどうでしょうか?
____________


自分らしさ全開で生きているよ!
みんなが言えたらいいなって
思うけど、

過去の私のように

●自分らしさが何か分からない

●自分に違和感を感じながら生きている
●思ったことが上手く言えずに苦しい
●喉に詰まりを感じている

そう言う方も多くいらっしゃいます。

 

本来の自分で生きていないと

体と心は
『違うでしょ。』
『お前、そんなんじゃないでしょ。』

ってサインを出します。

 

それがまさに私が小学生の時から
感じてた喉の違和感でした。

 

博多美人塾に出会い
20年も経って、ようやく
謎が解けました。

いつも周りに気を使い
相手の反応を見て
いい子ちゃんでいることを
必死で頑張ってやっていた私。

 

博多美人塾との出会いがあり
代表にズバリ本質をついてもらいました。

この仕事を始めてからも
その思考の癖が抜けず
なんだか疲れている自分はすごく
あったのです。

 

『本当の愛実さんは
そんなんじゃないやろ?』

『もっと、思ったこと
ズバズバ言っていい。』

『思ってないことは、言わなくていい。』

『愛実さんが、ダメだと思っていることは
愛実さんの強みだよ。』 と。

 

ずーーーっと1人で
苦しかった部分。
代表にはなんでも
お見通しだったんだなと
思いましたし、

私が私で生きていなかったことに
本当の意味で気付き、
あの時はめっちゃ泣きました。笑

 

一度しかない
大切な自分の人生を
自分らしさも分からず
生きていくなんて
寂しくて、辛いですよね。

 

 

人は誰しも
その人だけの
最高の【強み】があります。

その強みに
自ら蓋をしてしまっている人は
沢山いるのです。

強みって自分では
中々気付けないものでも
あるから。

 

 

あなたはあなただけの
強みを活かして
唯一無二の自分の人生を
生きて行きたいですか?

 

今の私には
そのお手伝いが出来ます。

 

🔹自分の強みを知りたい
🔹自分だけの唯一無二の人生を生きていきたい
🔹自分をもっと大切にしてあげたい
🔹その為の方法が知りたい!

 

そう思われた方は
私の公式LINEに今すぐ
【強み希望】とメッセージを下さい。

私の公式LINEでは一対一での
メッセージのやり取りが可能です✨

あなたの想いを聞かせて下さいね。
ありのままのあなたを受け止め、
サポートをします。

 

🎀博多美人塾 関東地区認定講師
中塚愛実LINE@
こちらから3秒で登録♬(※女性限定)
公式LINEだけの特別なプレゼントもあります💗🎁

友だち追åŠ

飛べない時はこちらのIDをお友達追加
⇒@vlw1505l ←@マークをお忘れなく